飛騨市古川〜宮川
2012.09.10〜11




例年なら秋晴れの爽やかな季節なのに、意地悪くこの日は雨。
雨間を待ちましたが一層ひどく降ってくるようで池ヶ原湿原は断念。
美味しいものとおしゃべりの2日間になりました。

でも、泊まった宿が素敵〜ここだけでも来た甲斐があった・・・そんな気がします。
岐阜県最北端の里、飛騨市、宮川。
ここはいろんな顔を見せてくれる歴史、癒しの宝庫です。

暖かい宿のおもてなしに心が和み、タイムスリップしたような古い良き時代を身近に感じながら
夜が過ぎました。

あたりには池ヶ原湿原、種蔵の棚田、小白木峰、白木峰(トレッキングコース)白坂峠・・・・
自然を満喫できる雄大な山野が広がっていました。
そして宮川のアマゴ釣りも楽しそう。

きっとまたいつか来たい場所です。









種蔵ではこのときだけ雨が止んで雲の切れ間がなぜか新鮮に感じられました。













古川では郷土料理が食べたいとあちこち訊きながら入った素朴なお店。
ちょっと太めでおしゃべり好きなお兄さんのお話と共に頂いた昼食は最高に美味しかった。
素朴なおじさんの上げてくれた飛騨野菜のアツアツのてんぷらに舌つつみ。特産のコモ豆腐やホウバ味噌もサービスしてくれて、満足〜

作曲したりピアノを弾いたりしているというお兄さん。今度又来ます。と別れてきました。